『喫煙女性』

— haruki @ 11:43 AM

最近、男性視点の「嫌いな女性」に「喫煙女性」という項目が多いような気がします。

今までの嫌いな女性といえば「お金使いが荒い」「料理ができない」「体臭がある」「自傷癖がある」などが定番でした。しかし、今は新たに「煙草を吸う女性」という項目が加わっています。まず、煙草を吸う女性が増えたのかなぁという気もします。社会で男性と対等に戦っている女性にとって煙草はストレス解消のひとつとして考えられているのでしょうか。反対に、喫煙男性が減っている気もします。特に若い男性の煙草嫌いは顕著だと思います。私の周囲の男性にもいろいろ聞きましたが、やはり煙草を吸う女性は嫌いという人が多かったです。話を聞いた男性の一人は鋭い意見を言ってくれました。「喫煙女性は今までの嫌いな女性の要素が含まれているんだよね」。まず「お金使いが荒い」は煙草の値上げが関係します。月にかかる煙草代も馬鹿になりません。「料理ができない」これは煙草によって味覚が鈍ることと繋がるそうです。「体臭がある」これは煙草臭。口臭も含まれます。「自傷癖がある」これは喫煙によって肺ガンのリスクを高めていることに繋がります。こういう話を聞くと煙草はよくないな、と思いますね。